墓石業者の選び方|墓石の匠がつくるお墓 「お墓づくりサポート」

  1. トップページ >
  2. 墓石業者の選び方

墓石業者の選び方

このページでは、墓石業者だからこそお教えできる、墓石業者(または石材店)を選ぶ際のチェックポイントをご紹介いたします。
お墓づくりは一生に一度あるかないかの大切な行事です。これから墓石業者にお見積もりを取られる方も、すでにお見積もりを取得して業者を選定する方も、お墓づくりで失敗しないために是非参考にしてください。

墓石業者・石材店選び12のチェックポイント

  • 快く相談にのってくれるか?
    一生に一度あるかないかのお墓づくりですから、分からないことを聞いた際に快く教えてくれる墓石業者であることがポイントです。お客様のご要望を丁寧に伺い、専門用語などを使わずにわかりやすく提案や説明をしてくれる、そんなお客様思いの業者を見つけましょう。
  • 墓石業界に関わる知識が豊富か?
    お墓づくりに関することはもちろんですが、宗派や法事についてなどお墓づくりに関わる幅広い知識を持ち合わせているか?こちらはお客様に対する普段の姿勢や心構え、また経験値から構成されるものです。お墓づくりをお任せするにあたっては大変重要な要素になります。お墓ディレクターなどの資格を有しているとより心強いです。
  • お寺や霊園を快く探してくれるか?
    墓石業者にとっての仕事はお墓を建てるだけではありません。どこにお墓を建てるのが良いのかご提案することも、墓所を探されているお客様にとっては大切なお手伝いです。また、お寺や霊園についての情報や知識がない墓石業者となると、業界に入ってまだまだ経験が浅く実績が少ない可能性もありますので、墓石業者選びのひとつの目安となります。
  • 石材産地の証明書を発行するか?
    墓石業者の中には石材の産地を偽るような悪徳業者もいます。特に国産の石材を謳っている会社の場合には、必ず「産地証明書」を発行してもらいましょう。
  • 基礎工事の大切さを知っているか?
    お墓づくりの相談をしていて石材の話ししかしない墓石業者には、基礎工事に関してどのように行うのかを聞いてみましょう。どんなに高級な石材を使おうと、その土地の地盤などを調べることもせずお墓を建てた場合、お墓が沈下してしまう可能性も十分に考えられます。基礎工事を甘んじて考えている業者に、丈夫で良いお墓を建てられる業者はいません。
  • 仕事を下請けの業者に丸投げしないか?
    墓石業者や石材店の中には、店舗を持たない個人のブローカーのような業者もいます。製図、石材の発注、施工などをすべて下請け業者に丸投げしてマージンをもらうというようなやり口の業者です。お客様の要望が職人に伝わりにくいだけでなく、責任転嫁をするような人間もいます。出来ることであれば、しっかりと店舗を持った業者に直接依頼するようにしましょう。
  • 施工した実績は見せてもらえるか?
    業者を比較する際には、金額だけでなく過去の施工実績を参考にしましょう。また、施工実績の確認は写真だけではなく、実際に作ったお墓を見に行くことをお勧めします。
  • 即決を強要しない業者か?
    契約を急かす墓石業者、特に大幅な値下げをしてでも即決させようという業者には注意が必要です。何かしらの理由で競合他社がいては自社を選んでもらえない、そういう後ろめたさがあるからそこ断れない状況を作ろうとします。
  • お寺や霊園に建墓の交渉をしてくれるか?
    お寺や霊園にお墓を建てる際には、まず、お墓を建てることの許可を頂けるかがポイントになってきます。墓石業界には「指定石材店制度」なるものがあり、そのお寺や霊園では決まった墓石業者(石材店)でしかお墓を建てられないというルールを設けているところもあります。しかし、交渉をすることで指定の業者以外でお墓を建てられることも多々あります。交渉力のある墓石業者というのは、実績に裏付けられた技術と自信を持っています。ですから、快く交渉のお手伝いをしてくれるかも墓石業者選びのひとつの目安となります。
  • 現地を見た正確な見積もりをとってくれるか?
    お墓づくりにかかる費用は、使う石材だけでなくお墓を建てる立地でも変わります。現地を見ずに出したお見積もりの場合、工程を安易に考えていたことが原因で後から追加費用が発生してしまうといった金銭トラブルになりかねません。また、墓所によってはお墓が密集していて、お墓のサイズをミリ単位で作る場合もあります。現地測定なしではお墓が入らないというトラブルも発生してしまいます。
    業者を決定する段階では、必ず現地をみたうえの正確なお見積もりを出してもらいましょう。
  • アフターフォローの内容を明確に提示しているか?
    お墓は建てて終わりではありません。“建ててから長いお付き合いが始まる”これはお家作りと変わりません。お墓を建てた後、どういった場合のどういった事に対して、どの様に対応してくれるのかを明確に提示してくれる墓石業者を選びましょう。
    また、いくら口頭でやりますよと言っても何の証拠にもなりませんから、「保証書」を発行してもらいましょう。
  • 契約書は書面で結んでくれるか?
    お見積もり内容に納得し契約となりましたら、どんなにご対応の良い墓石業者や石材店であっても必ず契約は書面で結ぶようにしましょう。工事の請負によくあるトラブルは言った言わない問題です。約束した内容はすべて書面に残す意識で契約を交わしましょう。契約書を残すことに難色をしめすような業者であれば、その理由を確認して、説明に納得できる場合にのみお墓づくりを依頼するようにしましょう。

ここでは、墓石業者・石材店選びで失敗しないためのチェックポイントを12個ご紹介いたしました。しかし、墓石業者さんとのやり取りは一生に1度あるかないかですから、分からない部分も多々あるかと思います。もし、現状でお墓づくりについてお悩みがございましたら、お気軽にジェイネットサービスにお問い合わせください。
お墓づくりに関するご相談も、お見積もりのご依頼にもご対応しております。


メールのお問い合わせはこちら

お墓づくりに関して、費用に関してのお問い合わせはもちろん、納骨や法事に関してのご質問でも構いません。お気軽にお問い合わせください。